『お母さん比較しないで!! 』【イクウェル高宮駅前教室|福岡市・南区の幼児教室】
☆。.・’☆英子先生のコラム☆’・.。☆

子どもには一人ひとり個性があり、 発達の度合いも、興味のあり方も全くちがいます。

EQWELチャイルド教育には、楽しい子育て8か条
というのがあります。今回は、その中の「比べない」
ということをテーマにお話しします。

子育てを難しくしてしまう原因

子育てを難しくしてしまう大きな原因の一つは
親がわが子をよその子どもと比較してしまうことにあります。
体重、身長、運動神経、学力成績、見えるものであればあるほど、
親は気になりついつい比較してしまいます。

でも、よく考えてみてください

比較して何か良いことがあるでしょうか?
それどころか落ち込み、
何かができる・できないという基準で
子どもを判断してしまいがちです。

SMAPの「世界に一つだけの花」の歌詞ではありませんが、
子どもには一人ひとり個性があり、
発達の度合いも、興味のあり方も全くちがいます。

たとえオムツがとれるのが遅くても、
歩き出すのが遅くても、話し始めるのが遅くても
わが子は大器晩成型だと、大きな心で信じて
見守っていただけたらと思います。

 

偉人達の親の接し方

偉人達の母「グレイトマザー」達は、わが子の個性を尊重し、
才能を信じオンリーワンの人生を歩めるようにサポートをしています。

よその子どもと比較して悩んでおられるお母さんの悩みを
お聞きするたびに私は、そのお子さまの良いところを
いっぱい言ってさしあげます。

できないところばかりに目が行くと、
良いところが見えなくなってしまい、
ついには良いところまで潰してしまいます。
反対に良いとこに目を向け、そこを伸ばすことをすると、
できないと気になっていたところが気にならなくなるものです。

ソフトバンク社長、孫正義さんのお父さんは孫さんが、
食事中に箸を落とした時に、箸を落としたことを叱るのではなく、
箸の拾い方が上手だと褒めたそうです。

そのような親に育てられたお蔭で「根拠のない自信」を持ち、
なんにでもチャレンジできたという話をきいたことがあります。

 

まとめ

競争原理で子育てをすると、
親はよその子どもより優位に立たせることばかりを考え、
しんどい子育てになってしまうばかりか
、 歪んだ心の子どもに育ってしまいます。

もしも比較をするのなら、よその子どもとではなく、
わが子の一年前、半年前、一か月前と比較してください。
少しづつでも確実にわが子の成長を感じられるとおもいます。

親に認められ、信頼され、応援されながら育つ子は、
きっと自分の得意な分野を生かし
その分野できれいな花を咲かせてくれると思います。

まずは親子で体験レッスンにいらっしゃいませんか?