『長幼の序』【イクウェル高宮駅前教室|福岡市・南区の幼児教室】
☆。.・’☆英子先生のコラム☆’・.。☆

長幼の序

「長幼の序(ちょうようのじょ)」とは

さて、今回は「長幼の序(ちょうようのじょ)」について、お話します。長幼の序とは、孟子によって説かれた五倫の一つで、
自分よりも目上(年齢や経験など)にあたる人に対しては、敬意をもって接し、
自分よりも目下の人に対しては、慈しみの心をもって接するという心構えです。
社会風習上、大切なものであり、守るべき秩序だとおもいます。

また、この心構えは
家庭での親子関係、兄弟関係、教師と生徒の関係、職場においても重要で
子どもの時代にしっかりと親が説いておく必要があると思います。

 

兄弟への接し方、親の見本

長幼の序を最初に教える事ができるのは、兄弟関係です。
長子をたてることで、下の子は、子どもながらにも、目上の者を
敬うことを、知りますし、
たてられることで、気持ちが満たされた長子は、下の子に優しくなれるものです。

ここを間違えて、
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)でしょ。がまんしなさい。」
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)のくせに、どうしてわからないの。」
などのように、上の子だけにお母さまが、厳しい態度をとると、
下の子は、目上の人を敬うことを学ばないばかりか、我が儘になってしまいますし、
上の子は、下の子が憎らしくなってしまいます。

お世話は下の子中心に、心は上の子に向けて、「長幼の序」を持って
子育てをされると 兄弟げんかが、少なくなっていきますよ。

また、家庭においても、お母さまがお父さまをたて、
お父さまが、お母さまを慈しむ(ここが特に大事ですね)ことでも子どもは、
「長幼の序」学びます。

当然、親がお手本となるわけですから、
おじいさま、おばあさまに、尊敬の念を持ってお話されたり、
電車やバスでお年寄りに、席を譲ったり、
学校の先生にも敬意をはらっていただいたり
日常の様々な場面で「長幼の序」の大切さをお子様に説いてあげてください。

 

まとめ

「長幼の序」をわきまえた人は、目上の方に可愛がられ、目下の人に慕われ、
それは、“真のリーダーとなる素質”となります。
グローバルな社会、不確実な社会に挑んでいく、これからの子ども達だからこそ
「長幼の序」をしっかりと身につけてもらいたいと思います。

 

 

まずは親子で体験レッスンにいらっしゃいませんか?