『夢を持たせましょう!!』
【イクウェル高宮駅前教室|福岡市・南区の幼児教室】
☆。.・’☆こうじ先生のコラム☆’・.。☆

こんにちは。

新型コロナウィルス対策をしっかり実践しましょうね。

子どもより大人の方が感染しやすいようです。

親御さんが率先して手洗い、うがいを実践してみせましょう。

 

 

親の夢を語ってあげましょう

 

子どもに将来何がしたいか、「夢」をしっかり持てるように育てることも親のとても大切な仕事の一つです。

「大きな夢」を持つことができるように育てましょう。

 

皆さまは、「吉田松陰」をご存知だと思います。

こんなことを語っています。

 

「夢なきものに理想なし、理想なきものに計画なし、計画なきものに実行なし、実行なきものに成功なし、故に、夢なき者に成功なし」

 

山口県の萩に松下村塾を開いて、多くのすぐれた人材を輩出しました。

その時に「志」を持つことの大切さを教えていました。

大きくなって人の役にたつ生き方をすることの大切さを説いていたのです。

 

お父さま、お母さま、ご自身の「夢」はお持ちでしょうか?

お子さまに夢を見せてあげるには、やはりご両親も夢を持ち、子どもの前でおおいに語ってあげることが大切だと思います。

 

仕事の夢、家族での夢、いろいろな夢があると思います。

みんなで話し合っておおいに盛り上げってみてはいかがでしょうか?

 

イメージを使って「夢」を達成しよう

 

夢も語れば語るほどイメージがハッキリしてきて、絵にも描けるほどになってきます。

そうしたら、絵に描いてみましょう。

話をすればするほど、より鮮明になってきます。

はっきりイメージできればできるほど、そのイメージしたことが達成されるようになるのです。

脳は「鮮明に描いたイメージと実際の区別がつかない」とも言われ、あたかもイメージしたことが実際に行われているとカン違いするのです。

 

イメージを使えば、夢の実現もそんなに遠い未来のことではないかもしれませんね。

 

まとめ

 

家族での語らいの時間をつくっておおいに「夢」を話し合いましょう。

そして、一緒に「夢を達成して、喜んでいる状況」をイメージして、実演して楽しみましょう。

 

 

 

まずは親子で体験レッスンにいらっしゃいませんか?